結婚なんて都市伝説

選ばれたのは綾鷹でした。何故、私は選ばれないのだろうか。 その謎に迫る。29歳の婚活ブログ。

電話は出ずにほっておいた。


そしたらまた次の日


何事も無かったかのように


「お疲れ様!仕事始めどうだった?
おれは2週間休みないよー😢」


とLINEが来た。


いよいよ、やべぇって思い始めた。


あ、人って振られても何事無かったかのようにLINEして良いんだ。強く生きよう。って考えさせられ始めた。


そう、私の頭がおかしくなり始めたのである。


友達に全力で止められた。
だめだめ!だめだよ!
振られた人にしつこく電話したりLINEしたら駄目なんだよ!ねぇ!目を覚まして!


と友達に言われた。


そうか、そうだよね駄目だよね。
やっぱり稲垣さんやべー奴じゃん。


少し前から不可解すぎて怖…。と思っていたが
そこを再度、認識した。


本人は自覚症状ないんだと思う。
でもこちらが事細かにあの時の金銭面が嫌だった、別れ際の態度が冷たすぎて怖かった

などを伝えて、直すからと言われたところで
好きになれる気がしなかった。
なんかもうここまでしつこくされて空気読まず察しない所が生理的に無理になっていた。


勿論、もうサイトのアカウントはブロックした。
Facebookもブロックしたつもりだったけど出来てなかったのか?
数年前の投稿にも数日前イイネがされていた。
私のアカウントを探したのだろう。

Facebookも今は殆どやっていないけど再度、ブロックした。
Facebookの友人一覧は元々、非表示にしてあったので友人の情報を漁られている事は無いので良かった。


しっかりお断りもしたし
これ以上、私にできる事はもう無い。


稲垣さん、ある日突然、最寄駅まで来そうでちょっと怖い…。


まぁ私は実家だし家も知られてないので良かった。


世の中、いろんな人が居ますね。

こんな空気読まずに図太く連絡してくる精神は一周回って尊敬した。
勇気を貰った、ありがとう、さようなら。

ランキング参加しております。応援お願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加

これに対しても無視したら駄目だなと思って返信した。


「その気持ちには応えられない。私は好きになれない、ごめん。」

と返信した。


「もう、壱に会えないのかな…」



と返事が来たがこれには既読を付けなかった。


(長押しでLINEの通知を開くと既読は付きません。)



私はタイムラインの投稿もしてないので擬似ブロック状態です。


もう、これで来る事はないだろう。


と思っていたが甘かったようだ。


連休が終わったら


何事なかったかのように


「おはよう!今日から仕事だね!頑張ってきます!」


とLINEが来た。


これにも私は既読は付けず。


そしたらその日の夜、電話が来た。


5005


電話には出なかった。

その次の日の夜も電話が来た。


いや、付き合ってたならLINEで済ませるな。って言って電話してくるなら分かるけどさ


まだ2回しか会ってないし
それでも一方的にいきなりブロックとかせず、ちゃんと返信はして誠意ある対応したつもりだったんだけど。


友達に話したら初見のとき黙って3000円差し出したのに瀕死状態の相手に更に500円ある?って催促してくる時点でもう無い。ブロック案件。
それなのに何で壱がコンビニでのお茶、スタバ代全部払ったの?!意味わかんない!



と言われていた。


何故だろう。まぁ、体調崩してしまって迷惑かけてしまったので私なりの誠意だった。


とはいえ、冷静に考えれば
心配かけたぐらいでゲボをぶっかけた訳でも無い。

そこに畳み掛けるように映画でのお釣り事件と喫茶店でのお支払い事件だった。

もう喫茶店のくだりでは改札でこんな態度取られたと話したら友達は悲鳴をあげて震えていた笑


ランキング参加しております。応援お願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



婚活ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

のちに、彼は病的なレベルでMr.察しないマンである事が判明する。


映画の感想は既読を付けて返さなかった。


初詣の前日に、また連絡が来た。


「明日どうしようか〜?」


これは、無視したら私の最寄りの駅まで来て朝から待機されるような気がした。
体調が悪いと嘘をついても、じゃぁ次いつにしようか。としつこそうな気がした。


はっきり、言おう。と決めた。


「ごめん、やっぱ明日、行けない。」



「どうしたの?」


「これ以上一緒に居ても気持ちに応えられないから。こんな状態で会えない。ごめん。」


「そっか、わかった。また連絡して?」



いや、しないだろ。笑


最後に「ごめん。」とだけ送った。



これで終わらせた。

つもりだった。


だが、またすぐにLINEが来た。


「これから、付き合えたら良いなって思ってた…」
「俺は壱が好きです。僕で良ければ、真剣にお付き合いしてください。本気です、お願いします。」



え?なにが起きたの?


さっきもう無理って送ったのにこれ…?


え、私、さっき日本語で送ったよね?


読まなかったの?


そっか、わかったって返信くれたよね?


全然わかってないやんけ。



怖い怖い怖い。ひいいいぃっ!

ランキング参加しております。応援お願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

まぁ、これが彼の本性なのだろう。
私にはお茶代に値する価値も無かったのだろう。と納得した。


初詣の日程は決めたものの時間や場所などの詳細は決まっていなかった。


まぁ、あの態度からもう連絡も来ることは無いであろう。と確信していた。

勿論、私からするつもりも無かった。


この改札での別れ際の態度が初詣、絶対に無理だ。と確信した瞬間だった。


場所も決めてないしこのまま勝手に流れると思っていたが、しかし。


私が家に到着する前に

映画の感想のLINEが届いた。



マジかよ。



私は、改札口でさっさと背を向けられた人と映画の感想を語り合う寛大な心は持ち合わせていなかった。

既読は付けたものの返事をしなかった。

ペアーズをやっている人は、だいたいLINEの返信がない時点で察する。


稲垣さんも、ここで察して欲しかった。

ランキング参加しております。応援お願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

稲垣さんはホット珈琲、私はホットティーを頼んだ。


私の紅茶はポットで来た。


蒸らそうと思って直ぐには淹れずに置いておいたら稲垣さんがポットを手に取って淹れてくれた。


ジョボーーーーー。


あぁ、バファリンより優しいな、稲垣さん。


私(あ、まだ蒸らしてたのに淹れちゃった…)


私「あ、ありがとう…」

この人、要らんことして彼女に怒られるタイプなんだろうなぁと思った。




初詣どうしようか〜という雰囲気だったけど結局、そこでも詳細は決まらず電車の時間近づいたので喫茶店を出る事にした。


私は宣言通り、ここは支払わなかった。


喫茶店を出る際、ごちそうさま、ありがとう。と御礼はしっかり言った。


喫茶店から出て駅はすぐ目の前だった。

喫茶店から駅まで一瞬の距離だったけど私は何かを察した。
稲垣さんの様子がおかしかった。
怒っているのか、なんなのか分からなかったけど喫茶店のお会計が引き金なったのは確かだった。

改札の別れ際


稲垣さん
「じゃぁ、気を付けてね。」と口では言っていたものの私の目を見ていなかった。


私も
「ありがとう、じゃぁ…」と言いながら稲垣さんには手を振った。



手を振っていたのに


稲垣さんは見向きもせず、とっくに背を向けられていた。


「え…。」


たかだか、お茶1杯の支払いでこの豹変っぷりに絶句してしまった。

私は、元旦の飲み代ほぼ半分出したしそのあと、駅まで歩く時寒くてコンビニで暖かいお茶と珈琲買うのもササッとPayPayで支払ったし最寄り着いてからのスタバも全部払った。
その上、映画のお釣りも黙って捧げた。


さっきまでバファリンのように優しかった人が何故。


とりあえず私の右手は行き場を失ってしまった。


この右手…どうしてくれよう。



私は静かに右手を降して改札を抜けて電車に乗った。



このあたりから稲垣さんが不可解すぎてなにあの人、怖。という感情を抱き出した。

ランキング参加しております。応援お願いします!
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村























このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ